インゴットの価値と主要ブランド

インゴットについて

ゴールドインゴット金地金を購入・売却する際、日本で唯一の公設貴金属市場である東京商品取引所が定めた受け渡し供用品指定ブランドであれば、すべて純度99.99%以上の品位(フォーナイン)と定められておりますので安心していつでも取引可能です。
これら下記の掲載されているバーは国際的に「グッドデリバリーバー」と呼ばれ、日本国内のみならず、ロンドン、香港、チューリッヒ、ニューヨークの世界4大市場を中心に、世界中のマーケットで行こなうことができます。

一般的に金地金(バー)とよばれており、重さによって、ラージバー(12.5㎏)キロバー(1㎏=1000gの金地金)、グラムバー(500g)スモールバー(300g、200g、100g)コインバー(50g、20g、10g、5g)といった呼び方があります。

金の資産価値

イングランドのゴールドバンク

イングランドのゴールドバンク

金は国際相場商品です。日々取引価格は変動します。しかし、同じ価格が変動する債券や株式のようなペーパー資産は、発行体が破綻するなど、場合によってはその価値がゼロになる可能性があります。これに対して金は「無国籍通貨」といわれ、金自体が変わらぬ価値を保有しているため、その価値がなくなることはないといわれています。そのため、金の保有量に合わせて通貨を発行していたという歴史(金本位制度)があります、その制度がなくなっている現在でも、各国が発行している自国通貨の価値の裏付けとして主要国の中央銀行が金を保有し、通貨価値の安定を図っています。

インゴット刻印について

インゴット刻印

参照:田中貴金属工業 刻印の見方より

インゴットには必ず、絶対に刻印がされています。中には無刻印のものもありますが、多くの場合は、最低でもインゴットの種類と金属の割合が記入されています。この刻印は、一般の人から見ればデザインにしか見えないかもしれませんが、買取をする上でこの刻印はとても重要な役割を果たしてくれます。インゴットの刻印は、インゴットの価値を示しているからです。例えば、インゴットに18K と刻印されているのと24K(純金)と刻印されているのでは、金の価値が違うと判断することが出来、買取価格にも差が生じてきます。そのため、刻印は買取専門店ではとても重要なものとして扱っています。

インゴットの主要ブランド一覧

金の国際ブランド

金のインゴット主要ブランド一覧

金のインゴット主要ブランド一覧

 

プラチナの国際ブランド

プラチナのインゴット主要ブランド一覧

プラチナのインゴット主要ブランド一覧

 

シルバーの国際ブランド

シルバーのインゴット主要ブランド一覧

シルバーのインゴット主要ブランド一覧

 

パラジウムの国際ブランド

パラジウムのインゴット主要ブランド一覧

パラジウムのインゴット主要ブランド一覧

各種インゴット業者価格で買取ります。

インゴットや金塊、金地金の買取なら手数料無料のゴールド110番をご利用ください。各種インゴットを当日相場で買取ります。一般のお客様も業者価格ですのでご安心してご利用下さい。

貴金属買取

ジュエリー買取

ブランド品買取

時計買取

ゴールド110番6つの強み